【初心者は必須】知っておきたいGoogleサーチコンソールの設定と活用方法

WordPress(ワードプレス)

「Googleサーチコンソール」を設定した方がいいって聞いたけど、それって本当に必要なの?そもそも何をするための設定なのか、費用はいくらかかるのか知りたい。

 

こんな方に「Googleサーチコンソールとは」を解説します。

 

この記事を書いてる『まぱ』と申します。

はじめに
この記事はできるだけ《ブログ初心者に対して分かりやすく》をモットーに書いてます。
 
※もし《わかりずらい・もっとこうしてほしい》等の意見があれば、コメント(TwitterでもInstagramでも大丈夫です)を頂ければと思います。

 よろしくお願いいたします。

 

この記事を読み終わった時には『あなたのブログにGoogleサーチコンソール』が設定されているはずです。

 

Googleサーチコンソールとは?

まずはじめに、「Googleサーチコンソールとはなに?」という疑問を解説していきます。

💡用語解説

「Googleサーチコンソール」とは

  • Google 検索結果でのサイトの「パフォーマンスの監視や管理」ができる Google が提供する無料サービスです。
  • Google検索結果における「表示回数やクリック数等のサイト訪問前のデータ」のほか、「サイトに発生した問題など」も確認することができます。

※あなたのサイト情報をGoogleに送信したり、検索キーワードなどを確認してくれる「お助けツール」というイメージです。

Googleで私のサイト情報を確認したり、状況や問題まで教えてくれるのか!しかも無料なんだ!!

もし複数のサイトを作ったとしても「サイト別」で管理ができますよ。

Googleサーチコンソールを設定する3つの手順

では早速、「Googleサーチコンソール」の設定方法について解説していきます。

画像付きで解説するので、手順に沿ってやれば簡単です。

手順①:Googleアナリティクスの設定をする

早速、「Googleサーチコンソール」の設定を進めていきますが、「Googleアナリティクス」設定はお済ですか?

💧ちょっと待って

「Googleサーチンコンソール」設定では、《サイトの所有権確認》が必要となります。この設定が少し大変なので、先に「Googleアナリティクス」設定を済ませておく事をおすすめしています。

「Googleアナリティクス」設定が済んでいると、《サイトの所有権確認》がスムーズに完了できるので、おおよそ(15分~20分)ぐらいの短縮になると思います。※PC苦手の方ならもっと短縮になります。

すでに「Googleアナリティクス」設定が済んでいる方は、先に進んでください。

ということで、お手数ですが下記の記事よりGoogleアナリティクスの設定を完了させてください。

3つの設定で完結!Googleアナリティクスを初心者が始めるための基本とコツ
WordPressのインストールは完了した。次に「Googleアナリティクス」を設定した方がいいって聞いたけど、それって本当に必要なの?そもそも何をするための設定なのか、費用はいくらかかるのか知りたい。と悩んでいる人に...

手順②:Googleサーチコンソールにログインをする

次は、「Googleサーチコンソール」の公式サイトにアクセスしていきましょう。

>「Googleサーチコンソール」はこちら

※クリックで公式ページへ飛びます。

 

そうすると、この画面に変わったはずです。《今すぐ開始》をクリックしましょう。

※(Googleアカウントでログインしていない時は、ログイン画面がでるのでアカウント[Gmailアドレス]を入力してログインをしてください。)

この画面に変わったら大丈夫です。

手順③:URLの所有権確認をする

まずは、「URLプレフィックス」を選択して、あなたのサイトURLを《https://~》全て入力します。私のサイトなら【https://mapa1980.com】となります。

そうすると「所有権を自動確認しました」という表示がでたら《完了》をクリックしましょう。

画面が変わったら、左上の「プロパティに移動」を選択して、設定した「サイトURL」をクリックしましょう。(※設定後から利用できるまでに1日はかかると思います。)

こちらで設定は完了です。

Googleサーチコンソールの活用方法

では最後に、「Googleサーチコンソール」の活用方法を代表的な3つにしぼって解説していきます。

活用方法①検索パフォーマンスについて

「検索パフォーマンス」では、あなたのページが表示された時の《検索キーワード》がわかります。読者がどんなキーワードで検索されているのか分析すれば、どういうキーワードでページを作っていくべきか?などを知ることができます。

活用方法②サイトマップについて

このサイトマップを定期的に送信しておくことで、新しく追加したページなどの存在をGoogleがすぐに認識できるようになります。

「サイトのページ数が多い・複雑・新しく制作したばかり」という場合には、送信しましょう。

💡用語解説

「サイトマップ」とは

  • サイト全体のページ構成を地図のように一覧で記載しているページのことです。
  • ユーザーや検索エンジンにサイト内容をわかりやすく伝える役割をもっています。

※あなたのサイトの「地図」というイメージです。

活用方法③インデックスの活用について

あなたのサイトページを検索画面に表示されるためには、「クローラー」の巡回と「インデックス」が必要となりますので、「インデックス登録のリクエスト」方法について解説していきます。

💡用語解説

「クローラー」とは

  • Webサイトの情報を収集して検索データベースシステムに登録するロボットのことです。
  • Webサイトの情報(インデックス)が検索データベースに登録されて初めて、検索エンジンに表示されるようになります。
  • また、その操作のことを「クロール」といいます。

「インデックス」とは

  • 検索データベースに登録されたWebサイトの情報のことです。

「Googleサーチコンソール」で《URL検査》を選択し、[サイトURL]を入力してください。

「URLがGoogleに登録されてません」の右下にある《インデックス登録をリクエスト》をクリックしましょう。

そうすると「Googleインデックスからデータを取得しています」という表示がでます。

この画面が表示されたら「インデックス登録のリクエスト」の完了です。

⚠注意点

インデックス登録のリクエストをしても、「100%検索結果に掲載される」とは限りません。

Googleの判断になるため、結果として「検索圏外」の場合や、「インデックス削除」されてしまう事もあります。

そのため、リサーチと記事構成などを改善して「リライト」することをおすすめします。

Amazonで見てたら分かりやすそうだったので載せときます。

まだ何となくしかブログについて分かっていない方へ基本中の基本の本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました